ガスライティングを理解しているから解決・相談が出来ます。

ガスライティングの被害に遭われている方の悩みが大きいのは、ガスライティングの被害もさることながら、このことを相談できる相手がいないことです。

 

友人や親族に相談したところで、疲れているだけだとか考えすぎだとかいう反応で取り合ってもらえません。あまりしつこくすると頭がおかしくなったと思われて、身内の場合には精神病院に行かせられた例もあります。

 

こういった嫌がらせがあることをほとんどの人は知りません。それは多くの人がTVなどで洗脳を受けているからです。大手企業は安心だとか、TVに出ていれば信用できるだとか、政府の言っていることは信じられるなども洗脳の一つです。

 

こういった洗脳を解くことは不可能に近いです。

 

よくよく考えてみれば、ガスライティングのような周囲にバレず証拠を残さない嫌がらせのような手口の方が現代社会にマッチしているのですが、彼らは目に見えるものしか信じようとしませんので時間の無駄なのです。

 

ガスライティングなどの被害に遭っている場合には、嫌がらせ調査をしている原一探偵事務所にご相談ください。

 

相談は無料です。

 

ガスライティングの具体的な手口について

ガスライティングとは、心理的なダメージを意図的に相手に与えることの総称ですので、一言にガスライティングと言ってもその幅、手法は非常に広いです。

 

加害者側が被害者側にわざと誤った情報を流し、そのことを問い詰めるとそんなことは知らないといった素振りをみせたりという手法もあります。

 

微妙な違和感を起こす

例えば、会社で働いているあなたに、同僚から聞いた仕事に関する話を聞き、その内容を後で確認すると微妙に正しい情報と異なっていたなどです。
また、このことを相手に確認すると「そんなはずはない」といった態度を取られるなどです。

 

その誤った内容のレベルが最初は、「まあ勘違いか」と思える程度から始まるのですが、徐々にエスカレートしていき、「間違っているのはもしかして自分なのか?」といった疑心暗鬼に襲われます。

 

これは一例ですが、手法としては、ターゲットに気づかれないように、ターゲット自身が間違った認識をしているということを刷り込んでいきます。心理的虐待を目的としたものはすべてガスライティングと言えます。

 

それ以外では、例えば、会社でターゲットの所持品等を定位置から動かしたり、少し気になる程度のゴミを置いておいたり、ちょっとした異変を起こします。

 

考えてみてください

 

あなたの勤め先で、あなたの所持品の微妙に場所が変わっていたり、机に小さなゴミが置かれていたりしたら、どう思うでしょうか?

 

誰かが、ちょっと使ったんだろう

誰かが、何気なく手に取ったんだろう

誰かが、何気なく小さなゴミを置いたんだろう

誰かが、ちょっと置いて忘れたんだろう

もしかして、ちょっとした嫌がらせ?

 

などと微妙に気にかけると思います。

 

その後の反応は様々だと思いますが、誰かにそれとなく聞いてみたり、問いただしてみたり、あるいは気にしないふりをしたり、なにかしらの反応をすると思います。

 

それに応じて、ガスライティングを仕掛けている側は次の行動を取ってきます。もし聞かれたとしても、「気のせいだろう」「知らない」といった具合です。

 

こういったことが段階的に繰り返されエスカレートしていった場合気が狂うと思いませんか?

 

ガスライティングの様々なパターン

これは一例ですので、様々なパターンや方法があります。

 

集団で付け回したり、集団で噂話しをしたり、黒いものを白いと言ってみたり・・・

 

バカみたいな話ですが、実際に真面目にそんなことをやられたら、やられた側はたまったもんではありません。

 

ですので、ガスライティングを知らない人に被害に遭っていることを話しても無駄です。

 

悔しい話ですが、頭が狂ったと思わるだけなので理解している人間にしか相談してはいけません。

 

正常な人は第三者の判断による

「正常な人は第三者の判断による」というごく当たり前の話ですが、これもよく考えると恐ろしいことになりえます。

 

有名な話に、 『正常なのはどちらか?』 というものがあります。想像してみてください。

 

部屋にあなたともう一人の人がいます。

 

あなたには、犬が見えています。しかし、もう一人の人は、犬などいないと言っています。あなたは、そんな馬鹿なことはない、ここにいるだろうと言います。相手も、馬鹿なのは、お前だ、どこに犬がいるんだと一歩も引きません。

 

どちらが正しいんでしょうか?

 

そこで、第三者に来てもらいます。共通の知人を呼んで、犬がいるのかいないのかをはっきりさせようとします。

 

第三者は、犬などいないと言いました。

 

犬が確かに見えているあなたはどう思うでしょうか? そんな馬鹿な。騙されている? 自分の頭がおかしくなったのか? 今まで見てきたものが全部嘘だったのか?

 

気が狂いますよね?

 

極端なことを言えば、このようなことをするのがガスライティングです。

 

もちろん手法は様々ですが、何かしらの間違った情報などを与え続け相手を混乱させ、錯乱状態にしていきます。こういった手口は第三者的に見ても、把握や解明が難しいので、ガスライティングに詳しい専門家の意見が必要です。

 

ガスライティングなどの被害に遭っている場合には、嫌がらせ調査をしている原一探偵事務所にご相談ください。

 

有料アダルトサイトから請求が来たケース

事例としてあるのが有料アダルトサイトから請求書が来たケースがあります。有料アダルトサイトと言えば、詐欺的な内容だったり架空請求だと思われがちですが、きちんとした有料のアダルトサイトからです。

 

第三者があなたに成りすまして、有料アダルトサイトに登録をされたと考えただけで何とも嫌な恐ろしい気分になると思います。

 

しかも、ワンクリック詐欺のようなものではなく、優良なアダルトサイトであればなおさらです。優良なもたくさんありますし、そちらはまっとうに商売しているので、不正請求などはしません。

 

あなたに成りすまして申込をしているので、アダルト側としても本当にお金を払ってもらわないと困ります。嫌がらせとして、成りすましで登録などされたらたまったもんではありませんね。

 

月の土地が送られてきたという実話

月の土地の権利書が送られてきたという実話もあります。

 

月の土地は最近宇宙開発などとともに注目が集まっているビジネスです。月の土地の分譲販売をしている会社がアメリカにあるのですが、その会社から月の土地の権利書が送られてきたという事例です。

 

月の土地が買えるのか?という疑問が出ると思いますが、買えるのです。そして国際法的にも認められています。そんな月の土地のあなた名義の権利書が自宅に送られてきたら怖いと思います。

 

あなたに成りすまして申し込んだ人間がいるわけですから。

 

月の土地 プレゼント

 

 

 

更新履歴